ノスリ

 

 タカ目タカ科の猛禽で、ひとまわり以上大きなトビと同様に、農地が広がる人里近くを生息場所としています。
 送電線の鉄塔や電柱の一番上など周囲を見渡せる高い場所から急降下し、野を擦るかのように地表すれすれを飛んで獲物を狩ることから「ノスリ」という名がつけられたとも言われています。
 一地方の中で越冬地と繁殖地を異にし、小規模の移動をする「漂鳥」として紹介されるケースが多いのですが、長野市周辺では「留鳥」です。
 メスの方が大型になります。

 

Tokiomi

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA