遠目だと桃の花かと思ってしまうような鮮やかな紅紫色ですが、桜です。川津桜などと同様に、大島系山桜と緋寒桜(寒緋桜)が自然交配してできた品種とみられ、当初は「プリンセス雅」と呼ばれていました。現在は単に「雅…
Read more

lotus flowers 2018

   三才池の蓮です。  猛烈な暑さと降水量の少なさのせいか、一週間前までは見るも無惨な状態だったのですが、久しぶりの雨で持ち直しました。ただ、例年と比較すると明らかに小ぶりです。   Tokiomi

lotus flowers 2017

   三才池の蓮です。  除草剤の影響で枯れた葉がヘドロ化してしまい、今年は記事にすることをあきらめていたのですが、ここ数日の雨でほんの少し洗い流され、なんとか見られる程度にまで持ち直しました。  ただ、昨年と…
Read more

アカツメクサ

   道端に咲いている雑草にも名前があることを忘れないように、というわけではありませんが、アカツメクサ( Red clover )です。ムラサキツメクサとしている本もあります。稀に、白い花を咲かせる株があり、そ…
Read more

レンゲソウ

   「手に取るな やはり野に置け 蓮華草」  遊女を身請けしようとした友人を止めるために詠まれた句だといわれています。その友人がどうしたかは知りませんが、離れて眺めているだけで満足していられるような想いならば…
Read more

ビオラ

   スミレ科スミレ属のラテン語名で、パンジーで花が小さい種を ‘viola’ といいます。英語の ‘violet (スミレ色)’ は ‘viola’ が語形変化したものです。  花言葉は「誠実」。  ヴァイオ…
Read more

冬のバラ_2

   整えられた環境で瑕疵なく育てられた大輪の薔薇もいいのですが、初冬の野辺であっても凜として咲いてみせる みすぼらしいほどに孤独なバラ に、より心惹かれるのは私だけでしょうか?   Tokiomi

lotus flowers ’16

   三才池の蓮です。  毎年、池の大半を占拠してしまうので、区にとっては「頭痛の種」なのですが、花が咲いている梅雨の終り頃はそれなりにきれいです。  花言葉は「うとくなった愛情」だとか。  なんか、もの凄~く…
Read more

シナノタンポポ

   記憶を辿ってみると、昭和40年代にはリンゴ園などでごく普通に在来種を見かけた気がするのですが、今では執拗に探さないと見つけられないまでに減ってしまいました。  「古くからの田園風景が残っている地域では在来…
Read more