シロハラ

   スズメ目ツグミ科に分類される野鳥で、日本では「冬鳥」です。  単独で行動し、冬はほとんど鳴きません。  今年、三度しか見ていないのですが、おっとりとした性格なのか、度胸が据わっているのか、あまりAF(オー…
Read more

オナガガモ

   2月21日、まだホシハジロがいるのではないとかすかな期待を抱いて三才池に行ったのですが、残念ながらホシハジロの姿はなく、代わりにオナガガモを見つけました。カモ科の鳥としては大型なのですが、最もポピュラーな…
Read more

ホシハジロ

   2月20日、この季節としては異例な濃霧があけた後、三才池で星羽白を見かけました。  越冬のために飛来する冬鳥なので、北へ帰る途中、羽を休めていたのかもしれません。  翌日には姿がありませんでした。 &nb…
Read more

アオジ

   スズメ目ホオジロ科の野鳥です。  古語で「あを」とは、黒と白の間の広い範囲の色を言い、主に青、緑、藍を指しました。アオジは漢字で書くと「蒿雀( ヨモギ・スズメ )」なので緑色で納得しかけていたら、英名は …
Read more

カイツブリ・奔る

   三才池のカイツブリです。  水を勢いよく蹴って助走し、天高く、高く、……飛びません! 水面スレスレを少しだけ移動します。  水中に潜って餌を獲るので、ペンギンのように足がからだの後方にあります。足の動きを…
Read more

キセキレイ

   渓流などのきれいな水辺を好むので、三才付近の浅川や田子川では稀にしか観察することができません。ですが、冬季に限れば、三才池周辺の住宅地でも見かけることがあります。  警戒心が強いので、人に近づいてくること…
Read more

アトリ

  「アトリって何? それって、おいしいの?」 というお決まりの質問をしてはいけません。というのも、霞網猟が禁止される以前は、実際に食用にされていたからです。私は食べたことがありませんし、食べたいとも思わないの…
Read more

翡翠

   「ひすい」 と読まれた方、正解です。ですが、室町時代以降、「翡翠」 は 「カワセミ」 とも読みます。  カワセミは、「魚狗」 「水狗」 とか、古名 「ソニ (青土の意味)」 から 「翠鳥 (ソニドリ)」 …
Read more

ミコアイサ

   12月14日、三才池でミコアイサを見かけました。  カモ目カモ科アイサ属に分類される鳥で、漢字で書くと 「巫女秋沙」 です。オスの羽衣が巫女の白装束に見えることに由来するのだそうですが、メスは頭部が茶色で…
Read more