バン

 

 7月13日、早朝。三才池でバンを見かけました。東日本では夏鳥、西日本では留鳥です。オスメス同色で、額版の鮮やかな赤色は冬羽の時期にはありませんが、三才池ではおなじみのオオバン(冬鳥)のように白くはないので、見分けるのは容易です。黄緑系の長めの脚も特徴で、オオバンと違って水掻きがないぶん、指が異様に長く見えます。当然、泳ぐのは下手です。
 「水田の番人」に例えられたことで「鷭」とされたようです。

 

 

 幼鳥(秋)

Tokiomi

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA