タイワンウチワヤンマ

 

 8月26日、三才諏訪神社の社殿でタイワンウチワヤンマを見つけました。当初はウチワヤンマだと思っていたのですが、脚に黄斑が見当たらないのでタイワンウチワヤンマです。
 オニヤンマに似た配色から名前に「ヤンマ」がつきますが、オニヤンマ科でもヤンマ科でもなくて、サナエトンボ科です。

 日本では、九州や南西諸島、四国南部にしかいなかったのですが、生息域の北上が続いていて2017年には神奈川県で、2018年には東京都でも確認されています。
 トンボの研究者でも専門家でもないので断言はできませんが、すぐ近くに池があるとはいえ、長野県長野市という内陸部での確認は珍しいのではないでしょうか。

 

Tokiomi

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA